結婚観

経験から考える私の結婚観

近年の日本では、結婚をしない若者が増えてきました。

日本経済の低迷のせいで、不安定な仕事についている若者が多いせいか、収入が安定せず、経済的不安な状況のなかで、結婚をしてもうまくいかないと考える人が多くなってきたからだと思います。

昔は女性はクリスマスケーキ、25歳、男性は大晦日31歳が結婚適齢期だと言われ、家庭を持つことが一人前の大人だと考えられてきました。

当時、私の結婚観もそうでした。女性は20代のうちに結婚して、おそくても30代で子どもを産むものだと思っていました。

妊婦
そして、もうひとつの私の結婚観は、女性は結婚して男性に幸せにしてもらうものと思っていました。

私自身が20代前半で結婚しましたが、結婚することが幸せのゴールだと思っていました。


しかし、それは大きな間違いで、結婚は人生のスタートであり、夫婦で苦楽を乗り越えて家庭を築くものでした。

残念ながら、そこことがわかったのが、30歳前で離婚してからでした。

今現代の若者の結婚観も一理あると思います。

何も考えずに結婚すれは幸せになるというのは大きな間違いです。

しっかり、家庭を築く土台を作ってから、結婚するべきだと思います。

時代と共に変わる結婚観

結婚観はそれぞれ育ってきた環境とか世代で大きく変わってきます。

私の結婚観はやはり20代で結婚し、早いうちに子供を産むというごく自然に思えるものでした。

実際、そうしてきましたしそれで幸せだとも思っています。


でも、子供たちの世代になれば世の中の状況もいろいろ変化し考え自体が多様化してきているのを感じます。

結婚じたいを望まないもの。あるいはしたいけれど出来ない状況である(定職につけない・低収入である)とか理由も様々でこれはもう現代の負の産物だと言えます。

結婚ってもっとも夢を持っていいものだと思うものなのにそれさえ持てない時代。

子供を持って、一緒に成長し未来を築いていく幸せ。

こんなささやかな夢さえ持てない時代になぜなってしまったのか。

憂うばかりです。


でもこんな時代だからこそ、若い世代の人たちにはもっともっと夢を持って生きていってほしいと願います。

人はひとりでは生きていけません。

家族や仲間の中で生きていくものだと思うのです。

私の結婚観は古臭いのかもしれません。

それでも、私は私の結婚観が間違っているとは思えないのです。

先日も私の知人が婚活サイトを利用していると聞きました。

ネットでデータだけを頼りに出会いを探すよりも、直接会ってお互いを確かめられる出会いを探すほうが自然なのではないかと思います。

やっぱり古いのかしら・・・(ToT)